ホーム > 味噌レシピ > ツナ缶を使ったカンタン「冷や汁」

旬を味わう味噌レシピ

ツナ缶を使ったカンタン「冷や汁」

ツナ缶を使ったカンタン「冷や汁」

日本各地で親しまれてきた冷や汁は、暑い季節にぴったりの冷たい汁かけご飯です。
ツナ缶を使う事で、魚をすりつぶす手間を省き、より手早く作れるよう工夫しています。

エネルギー
501Kcal
食塩相当量
2.5g

※1人分の値です。

材料 (2人分)

ツナ缶(水煮) 100g
白いりごま カップ1/4
味噌(無添加「十四割」または「信濃路」 大さじ2
しょうが 少々
カップ2
きゅうり 1/2本
みょうが 1個
青じそ 2~3枚
温かいご飯 適量

作り方

  1. すり鉢で白ごまを油が出るくらいまで充分にすりつぶす。そこに、水気をきったツナ、味噌(無添加「十四割」または「信濃路」)、みじん切りにしたしょうがを加えて更に滑らかになるまですりつぶす。
  2. 水カップ2を注ぎよく混ぜる。
  3. ご飯をよそり、冷や汁をかけ、きゅうりもみ、みょうがの小口切り、青じそのせん切りをあしらう。