信州味噌 味噌造りのこだわり
ホーム > 丸高蔵について > 味噌造りのこだわり

丸高蔵味噌造りの来歴

十九代伊兵衛(南翁居士)の命(めい)にて味噌の醸造を開始

大正時代の丸高蔵の写真

大正の初め真澄醸造元十九代伊兵衞の、「子供から大人まで、だれもが食べられ、健康に良いお味噌を醸造するように」との命により、この地にて、お味噌の醸造を始めました。信州諏訪は澄んだ空気、きれいな水、寒暖の差が激しい気候など味噌造りに適した風土である事からその後も盛んに行われるようになりました。


諏訪のおいしい味噌をつくり出す4つの恵

信州の自然のように素朴でホッとする味噌を

丸高では、この気候風土の「地の恵」と、小さな微生物たちによる熟成醗酵の「天の恵」、諏訪人の理詰めで職人気質の「人の恵」を活かした、諏訪で言う「まて」な(丁寧な)味噌造りに励んでまいりました。そして、信州の自然のように、素朴であたたかく、ほっとするお味噌をつくりたいと考えています。

天の恵

寒暖差の激しい気候と微生物たちの不思議な働きにより、おいしいお味噌が造れます。

丸高蔵のある信州諏訪の気候は味噌造りに最適
地の恵

空気がきれいなためか日本で指折りの長寿県 きれいな水も味噌造りに最適。

丸高蔵のある長野県のきれいな水は味噌造りに最適
時の恵

じっくりと醗酵させることで美味しい味噌を造り出します。

じっくりと醗酵させる味噌
人の恵

諏訪人気質の理詰めで「まて(丁寧)」な蔵人が「ずく(手間)」を惜しまず造ります。

味噌造りの過程

私たちが守りたいもの、残したいもの

味噌樽

麹 日本の食文化

麹は日本の食文化、醸造文化の中心に位置するものです。この麹造りを一歩一歩確かめながら究め、醸造による日本の食文化を継承、発展させて行きたいと考えています。

思い描く生活 自然の循環を手本に、自然と共にある生活

味噌造り

わたしたちが思い描き、目指していることは、
「素朴であたたか、自然でやさしさのある製品や場所」
「光や風があふれる自然でシンプルな仕事や生活」
「小さなものたちの声が聞こえる、やわらかな時間」
「自然と通じ合う、いきいきとした生活」
「自然の循環を手本にした生産、社会」です。

手づくりの心と味

もともと、素朴なお味噌は、各家庭で手づくりで造られていました。
そんな手づくりの心と味を目標に、丸高蔵のお味噌を醸造していきたいと考えています。