信州諏訪味噌之蔵 丸高蔵信州諏訪味噌之蔵 丸高蔵

オンラインショップ

味噌作り百年、歳季を刻む丸高蔵味噌作り百年、歳季を刻む丸高蔵

scroll

丸高蔵について丸高蔵について

画像

丸高蔵は、1916年(大正5年)創業の味噌蔵です。

当時、清酒「真澄」を醸造していた十九代宮坂伊兵衞の、「子供から大人まで、誰にでも美味しく、健康に良い味噌・醤油を造り、世の益にしたい」との命により、この地にて、醸造を始めました。

創業にあたり、紡績工場であった吉沢蔵(きっさわぐら)、穀蔵であった鰍沢蔵(かじかざわぐら)をそれぞれ山梨県から移築して味噌蔵とし、民家であった建物を、木曽の薮原から移築しました。

この3つの建物は歴史の風格を感じさせる建物で、2011年に登録有形文化財に登録されました。

丸高は、大正5年創業の味噌蔵です。

当時、清酒真澄を醸造していた十九代伊兵衞の健康に良いお味噌を醸造するようにとの命により、この地にて、お味噌の醸造を始めました。

創業にあたり、紡績工場であった吉沢蔵、穀蔵であった鰍沢蔵をそれぞれ山梨県から移築して味噌蔵とし(現天然蔵)、民家であった建物は(現千の水)、木曽の薮原移築しました。

この丸高蔵の3つの建物は2011年に登録有形文化財に指定されています

丸高蔵の店舗と、併設している味噌蔵の吉沢蔵、鰍沢蔵は、それぞれが大正時代に移築した歴史の風格を感じさせる建物です。

画像

を刻む丸高蔵

木曽から移築した建物は、その後事務所として使用していましたが、2007年4月に店舗「千の水」として改装オープンしました。


どっしりと力強い梁、吹き抜けの天井。

蔵の中は、スローフード、スローライフの趣きです。

丸高蔵画像

丸高蔵画像

登録有形文化財の3つの建物

丸高蔵の店舗と、併設している味噌蔵の吉沢蔵・鰍沢蔵は、大正時代に移築され、100年を超える歴史の風格を感じさせる建物です。

吉沢蔵(きっさわぐら)吉沢蔵(きっさわぐら)

吉沢蔵画像吉沢蔵画像

山梨県(現:甲斐市)の吉沢にあった紡績工場を移築した木造2階建の建物です。

丸高蔵

丸高蔵画像

大正7年に、長野県薮原(現・木曽郡木祖村)にあった本棟造りの民家を移築した建物です。 本棟造りは、長野県に見られる民家の形式で、大きく緩い勾配の切妻屋根が特徴です。

鰍沢蔵(かじかざわぐら)

吉沢蔵画像

大正4年に、山梨県(現・富士川町)の鰍沢にあった酒蔵を移築した土蔵作りの建物です。

神が宿る諏訪と丸高蔵

古い歴史を持つ諏訪の地

丸高蔵のある諏訪には諏訪大社があります。

日本各地にある1万を超える諏訪大社の総本社です。

当蔵は、諏訪大社の上社下社の両方に毎年味噌を献上している、諏訪で唯一の味噌蔵です。また丸高蔵とルーツを同じくする 宮坂醸造では、諏訪大社のご宝物「真澄の鏡」の名を冠した清酒「真澄」を醸しています。

風景画像風景画像

醸造を育む大地と水、

諏訪の気候

信州諏訪は、澄んだ空気、きれいな水、寒暖の差の激しい気候など、醸造に適した風土であるため、味噌造りが盛んな地域です。輸送手段の発達した戦後には、味噌の出荷量日本一を誇ったこともありました。

  • 諏訪衣之渡川画像

    諏訪衣之渡川

  • 富士見台画像

    富士見台

  • 渡り鳥諏訪湖画像

    渡り鳥諏訪湖

  • 諏訪衣之渡川画像

    諏訪衣之渡川

  • 富士見台画像

    富士見台

  • 渡り鳥諏訪湖画像

    渡り鳥諏訪湖

店舗画像店舗画像

店舗情報店舗情報

営業時間

ショップ 10:00~17:00

喫茶 11:00~16:00 オーダーストップ 15:45

食事 11:00~14:30 オーダーストップ 14:00

定休日

店舗情報のカレンダーをご覧ください。営業日カレンダー> 営業日カレンダー>

電話

0266-52-4033

店内案内画像

アクセス

アクセス

〒392-0022  長野県諏訪市高島1丁目8−30

お車利用お車利用

中央自動車道諏訪インターから車で約15分。

諏訪インター前信号を左折して直進、六斗橋信号を右折。

高島城前の信号を左折、太鼓橋の前で右折。

電車利用電車利用

JR中央線 上諏訪駅にて下車。

並木通りを高島城方面に向かって徒歩約10分。

Googlemapで開く画像